ブライダル情報

結婚指輪を手作りするのは高いのか安いのか

結婚指輪を手作りするカップルが増えてきているのは安いからなのだろうかと思う人もいるでしょう。結婚指輪は買うと高いというイメージを持っている人も多いので、安いから手作りするのではないかという発想が生まれるのももっともなことです。この記事では結婚指輪を手作りするときの相場についてわかりやすく紹介します。

結婚指輪の手作りの費用は安くも高くもない

結婚指輪の手作りをすると高くなるのではないかと思う人もいれば、安くなるはずだと考える人もいるでしょう。結婚指輪の手作りをするときにはショップの工房を利用させてもらい、スタッフから説明をしてもらいながら制作を進めます。人件費や場所代がかかっていることを考えると、結婚指輪の手作りは高いはずだと考えられるでしょう。

しかし、結婚指輪を手作りすると指輪の製造コストを抑えられます。工場で量産されている結婚指輪なら製造コストは安いかもしれませんが、1つずつ丁寧に指輪職人が制作している結婚指輪だとしたら製造コストはかなり高くなるでしょう。その分が浮くと考えると手作りにすると安いと考えることが可能です。

結論としては結婚指輪の手作りをした場合にかかる費用は安いとも高いとも言い難く、考え方によって異なるとしか言えません。手作りをするときの相場価格は1本あたり3万円から10万円程度です。高級な指輪に仕上げようとすれば数十万円の結婚指輪も手作りできますが、よく選ばれているのはペアで10万円程度の価格帯です。

これは結婚指輪を購入する場合とほとんど同じなので、手作りだから高いとも安いとも言えないのです。

重要なのは価値観

結婚指輪を手作りすると安いのかどうかと悩んだときには自分たちの価値観を考えてみましょう。手作りしたことによって大きな価値が生まれると思うなら、とても安い買い物になります。逆に手間をかけてまで手作りをしたくないと思っているなら、高いという結論になるでしょう。

二人で作った結婚指輪が魅力的と感じるかどうかは価値観によって違うので、カップルでよく相談してみましょう。大きな魅力があると思うなら予算に応じて適切な価格帯の結婚指輪を手作りすれば良いのです。

安いと感じたら結婚指輪を手作りしよう

結婚指輪の手作りにかかる費用の相場は買うときとほとんど違いがありません。二人で力を合わせて制作した指輪に価値があると思うなら、手作りの結婚指輪はかなり安いでしょう。手作りをするには手間も時間もかかるのは確かなので、高いか安いかは価値観次第です。

安いと感じるなら手作りで結婚指輪を用意すると良いでしょう。