ブライダル情報

後悔しないための結婚指輪の選び方

愛の絆の結婚指輪。思い切って買ったけど少し後悔。なんてことの無いようにしたいものですよね。

買うときはこれがいいと思っていてもしばらくしたらやはりこの方が良かった。なんてことの無いように結婚指輪を選ぶときに注意しなければならない箇所を紹介します。

後悔してしまったよくある理由

結婚指輪の種類は様々です。いろいろ迷ってしまうのは当然ですが、思い付きで選ぶのは避けてよく考えたうえでデザインを決めていきましょう。

実際にしばらく身に着けてみないとわからない部分もあるのでプロのスタッフに相談することも大切です。

指輪のボリュームについて

女性の指には細身の幅が良く似合い、男性の指には少し広めの指輪が似合います。これは指輪サイズによって幅が広く見えたり華奢に見えてしまうからです。これらの事を解消するために男性物の指輪は女性物と同じ幅にしないで少し広めにすると解決します。全く同じ幅にする必要はありません。

指輪の幅が細い場合はサイズが大きいと歪みやすく強度が落ちてしまうのであまり細い指輪幅にしないほうが良いでしょう。長年身に着けるものなので日常生活の中で簡単に歪んでしまうようでは結婚指輪に適しません。

逆に幅が広すぎるデザインは邪魔になったり通気性が悪くなり指の着けた部分の水気はけが悪くかぶれたりすることがあります。また指の短い人には似合わなかったりするので実際に指輪を着けてみてバランスを確認しましょう。

指輪の素材について

結婚指輪や婚約指輪の素材はプラチナというのが一般的です。これはプラチナが酸化も腐食もしないとても安定した金属であまりシーンを気にせず着けていられます。更にダイヤモンドなどを装飾した場合にダイヤが映えて高級感が出ることからプラチナが多い理由になっています。

結婚指輪に使われる金属はプラチナ以外ではゴールドが使用されます。ゴールドの輝きは黄金色のきらびやから印象から古くから人々に愛されて世に広まった金属でが以外ではゴールドの結婚指輪も一般的な素材になっています。ゴールドが良いかプラチナが良いかというのは自分に似合うかどうかをよく考えて選択しましょう。ゴールドの場合は歳をとってから派手な印象になって似合わなくなって来たり流行によって古いイメージの印象になってしまう可能性があります。ゴールドが悪いわけではないのですが、自分に似合う素材かどうかはよく見極めましょう。

デザインについて

シンプルが良いとか、凝ったデザインが良いというわけではありません。長年自分が大切に身に着けていられるかどうかが大切です。

ただし身に着けるうえで邪魔になるようなデザインは避けましょう。

また予算をあまりかけたくないのでシンプルなデザインで我慢しようという理由でシンプルなデザインにするのは止めましょう。やはりここでも本当に自分が気に入ったものでなくては長年大事に出来るものにはなりにくいと思います。本当に気に入ったデザインがあるのであれば思い切って購入してしまったほうが後悔しないと思います。

シンプル過ぎるデザインを購入したがダイヤモンドを埋め込むなど少しキラキラさせたいなという場合はお店によって後からダイヤモンドを付け加えることが出来ることもあるのでお店に相談してみましょう。

後悔しないために注意すべきこと

それでは、結婚指輪を買って後悔しないようにするために注意すべきことを考えていきましょう。

拘る部分は出来るだけシンプルに仕上げる

結婚指輪に拘りを詰め込むことは大事にするうえで大切なことです。ですが、拘り過ぎてごちゃごちゃしてしまったり指に着けて邪魔になるようでは困ります。拘って邪魔にならない部分は以下のようなところです。

  • 内側のメッセージに拘る
  • 宝石を入れるならダイヤモンドを選ぶ
  • カラーストーンを入れるなら指輪の内側に入れる
  • 4mm幅以上の幅広の指輪にしない
  • 出来ればストレート型のデザインを基本型にする

このようにシンプルなデザインでも少し拘りを盛り込むことによって愛着の沸く結婚指輪になります。

時間に余裕をもって選ぶ

思い付きでデザインを選ばずにじっくりと時間をかけて選ぶことが大切です。今日見て良いと思っても日がたてば考えも変わることもあります。数日たっても良いと思えるデザインが自分が本当に求めているデザインと言えるでしょう。

そのためには結婚式までなど必要な日までの3ヵ月前くらいから結婚指輪の下見に出かけましょう。

1人で決めずパートナーとよく相談する

自分の考えだけで一方的に決めずのパートナーの意見もしっかり聞いて選びましょう。他の人の意見を聞くことはとても大切なことです。自分には気づかない部分も他人から見れば見えてくる部分も多数あります。

男女で好みが違うので女性の意見に合わせるというのもひとつの手です。男性はあまり指輪など装飾品が好きな人は少なくどちらかというと女性の方が装飾品に詳しい人が多く、彼女の意見をしっかり聞いて相談しましょう!