ブライダル情報

幅広の結婚指輪を選ぶ時に気をつけたい事

結婚指輪の形に決まりはありません。自分の希望する形にすれば良いのですが、指輪には幅広のものと幅が細めのものとがあります。どちらを選んでも問題はありませんが、無難なデザインではちょっと物足りないなと感じている人におすすめなのが幅広リングです。幅広リングの魅力や選ぶ時に注意したい事などをまとめています。

幅が広い結婚指輪が似合う人はどんな人?

結婚指輪を選ぶ時にはデザインを重視しがちですが、リングの幅を気にした事はあるでしょうか。女性の場合、2.5mmから3mmくらい、男性なら3mmから3.5mmくらいが一般的とされています。ですから、女性なら3.5mm以上、男性なら4mm以上なら幅が広いと言えます。

幅が広い指輪が似合う人と似合わない人がいます。基本的に手が小さくて指が短い人は、幅が細い指輪の方が似合います。手が大きくて指が長い人は、幅が広い指輪が似合うとされています。幅が細い指輪向きの手の人が幅広の指輪をすると、指輪ばかりが目立ってしまいます。しかし、絶対に似合わないというものではなく、幅が広くても細かい装飾がされているとか、可愛らしいイメージのあるものなら、幅が広くても似合う可能性があります。お店で直接商品が見られるなら、試着してみると良いでしょう。

幅の広い結婚指輪の良いところ悪いところ

幅が広い指輪の良いところは、指が太い人でも細く見えるという事です。太い指の人が細いデザインの指輪をすると余計に指が太く見えるので、幅が広い指輪をする方が良いと言われています。また、指輪が太いとそれだけ丈夫になるので、多少の力がかかっても歪みにくいです。結婚指輪は基本的に毎日着けるものですから、丈夫なものなら安心です。

デメリットはというと、幅が広い指輪を着けていると違和感を感じやすい事です。太い指輪は存在感があるので、指輪を着けている方の手で荷物を持つ時など、気になる事があります。

また、幅が広いという事は、それだけ多くの素材(プラチナやゴールドなど)を使う事になるので、幅が細いリングよりも価格が高くなる事もデメリットと言えるでしょう。

幅の広いマリッジリングを選ぶ時に注意すべき事

幅が広い指輪は指の関節に引っかかりやすいとか、着けた時にきつめに感じる事があります。ですから、通常のサイズよりもやや大きめを選ぶとちょうど良いでしょう。手を開いたり握ったりした時に指当たりが気になる事もありますし、重いと感じる事もあるので、必ず試着して選ぶ事をおすすめします。

まとめ

マリッジリングを幅の広いものにするかどうかは、好みも大切ですが、指の形で決めると良いです。指が太い人ほど幅が広いものが似合うので、どちらかというと男性におすすめです。マリッジリングはこれから何十年も着け続けるものです。年齢を重ねた指には、幅が広いものの方が似合います。また、幅が広いという事はそれだけ丈夫という事ですから、変形もしにくく、長い間変わらず使えます。

マリッジリングを選ぶ時には試着してから選ぶ事が望ましいですが、特に幅の広いリングは実際に着けてみて、着け心地を確かめてみると良いです。これからマリッジリングを選ぶという人は、幅の広いリングをぜひ選択肢の一つにプラスしてみませんか。

なかなか実際にお店に足を運ぶ機会がないという人には、ネットショップの利用もおすすめです。最近はネットショップのサイトに商品の詳細な画像が掲載されているため、イメージがつかみやすくなっています。また、インターネットショッピングでもサンプルリングで試着ができるところがありますので、そういったお店を利用すると、自分に合ったものが選べるでしょう。