ブライダル情報

男女が好む結婚指輪のデザインは違う!デザイン違いでもOK?

結婚指輪は、多種多様なデザインのものがあり、それぞれ醸し出す雰囲気が異なります。大きく分類すると、女性が好む可愛いデザインのものと、男性が好むクールなデザインとに分けられます。男女で気に入った指輪のデザイン違いが起こった場合には、どうすれば良いのでしょうか?それぞれが気に入った指輪を購入するのが良いのでしょうか?それとも妥協しながらどちらも納得できる指輪を選んだほうが良いのでしょうか?

男女で好みは違う

お互いに愛し合っているカップルでも、指輪の好みまで全く同じということは少ないものです。まったく同じ好みのカップルなら、指輪選びで苦労することはないでしょう。しかし好みが違えば、お互いに妥協しながら、相手の意見を尊重しなければいけません。

女性の場合には、細身のシルエットで丸みを帯びたデザインを好む人が多く、S字やV字にカーブした指輪なども人気があります。一方、男性に人気があるのは指輪の幅が広めで存在感があり、丸みは少なくて直線的なデザインのものです。機械的でシャープな雰囲気の指輪が多く、メンズの指にはめてカッコよく見えるデザインが人気です。

結婚指輪というと、二人でまったく同じデザインのものを選ばなければいけないと考える人は少なくありません。少しデザインが違ったとしても、見た目はほぼ同じで、素材だけが違うとか、女性のリングには石が入っているなど、若干のカスタマイズはOKでもベースのデザインは同じものを好むカップルは多いでしょう。

しかし近年では、男女で別々のデザインを選ぶカップルが増えています。指輪そのものも多様化が進んでおり、お互いに納得していれば、着ける本人が気に入っていて、本人のファッションやスタイルに合うものを選んだほうが、長く着けつづけられるだろうと感がえる人が増えています。まったく共通点がない2つの指輪を選ぶという方法も、考えようによってはアリかもしれません。しかし異なる指輪を選ぶ場合でも、雰囲気やデザインが似たものを選べば、結婚指輪として問題なく通用するのではないでしょうか。

同じ結婚指輪を選ぶメリットとデメリットとは?

カップルで全く同じ指輪を選ぶメリットは、二人で同じものを身につけているという安心感や幸福感を感じられる点があります。二人で一緒に選んだ同じ指輪を見る度に、愛する人のことを思い浮かべながら毎日を過ごせることは、至極の幸せではないでしょうか。

ただし、同じデザインの指輪を選ぶことは、デメリットもあります。それは、自分と趣味が違う指輪で妥協しなければいけないリスクがあるという点です。女性の好みを優先すると、ゴッツイ指輪をしたかった男性にとってはガッカリ感が否めないかもしれません。その結果、遅かれ早かれ指輪はつけない生活になってしまうことも考えられます。一方で、男性の好みに合わせてゴッツイ指輪を選んだ女性にとっては、ファッションに合わないとか、自分の雰囲気に合わないという理由で、着ける頻度が少なくなってしまうかもしれません。

全く違うデザインにする理由は?メリットとデメリットはある?

男女でデザイン違いの指輪を選ぶことは、近年では主流となっています。デザインが全く違っていても、素材を同じにすることでペア感を出すことができます。また、素材や雰囲気は違っていても、基本となるデザインが似ているものを選べば、ペア感が出せるでしょう。

結婚指輪は、必ず同じでなければいけないというルールはありません。カップルがお互いに納得していれば、相手がどんな指輪を指していても、問題はないでしょう。自分が気に入った指輪を選んだほうが、毎日楽しく着けられますし、飽きずにファッションにも合わせやすいというメリットが期待できます。

デザイン違いにするデメリットは、完全に同じデザインの指輪と比較すると、ペア感が劣ってしまうという点があります。似た雰囲気の指輪を選んだとしても、同一のデザインを男女別にアレンジしたわけではないため、ペア感という点では、同じ指輪にはかないません。ただし、このデメリットを克服する対策としては、指輪をオーダーメイドにするという方法がおすすめです。カップルでお互いの希望を職人に伝え、それらを取り入れながらデザインに共通性を持たせることによって、見た目の雰囲気や指につけた時の雰囲気が大きく違っていても、指輪を2本並べた時には高いペア感を得ることができます。デザイン違いでも工夫次第では、デメリットを克服することはできるので、お互いに気に入った指輪を選びたいというカップルは、ぜひ検討してみてください。

まとめ

結婚指輪のデザインは、全く同じものでなくても、お互いに気に入ったものを選ぶスタイルがトレンドとなっています。ペアで購入しなくても、似たようなデザインを選んだり、デザインは違っていても素材を統一することで、ペア感を出すことは可能です。それに、オーダーメイドという方法なら、希望を取り入れながらペア感のある指輪を作ることも可能です。