ブライダル情報

結婚指輪の素材の代表格「プラチナ」の魅力とは

結婚指輪の材料としてはプラチナやゴールド、チタンなど、さまざまなものが挙げられます。

そのなかでも、プラチナは多くのカップルに人気がある素材です。

結婚指輪は一生身に付ける非常に大切なものであるため、後悔のない素材選びをすることが求められます。

そこで今回は、結婚指輪にプラチナが使われる理由などについて詳しく解説していきます。

プラチナの特徴

結婚指輪にプラチナが使われる理由の一つとして、変色や変形しにくい素材である点が挙げられます。一般的な話として、結婚指輪は挙式の後、左手の薬指に日常的に身に付けるものです。そのため、プラチナの指輪を仕事や家事などをする際に付けていた場合でも、「ゆがみにくい」「傷付きにくい」などのメリットがあります。また、プラチナは耐久性がある素材であるにもかかわらず、粘性や柔軟性がある素材という特徴も見られます。結婚指輪を購入する際、デザイン性にもこだわりたいものです。素材としてプラチナを選んでおくと加工がしやすいことから、細かいデザインにも柔軟に対応できるでしょう。

加えて、プラチナは金属アレルギーを起こしにくい素材として知られています。金属アレルギーの人が原因となる金属を身に付けた場合、汗をかいたときなどに金属が溶け出すと、肌にかゆみや赤みなどの症状が出ることがあります。金属アレルギーを起こしやすい素材にはニッケルやコバルトなどがありますが、これらの金属は安価であるがゆえに日常で触れる機会が多くあるのが実情です。しかしながら、金属アレルギーは持って生まれたものではなく、いつ症状が出るか分かりません。一度金属アレルギーになると完治しないので、将来体調が変化することも視野に入れながら、金属アレルギーを起こしにくいといわれるプラチナなどの素材を用いて結婚指輪を作っておくという選択肢も考慮すべきといえるでしょう。

プラチナを選ぶメリット

結婚指輪の素材としてプラチナを使うことにはさまざまなメリットがあります。まず、結婚指輪は挙式で新郎新婦が交換するものです。このとき、洋装か和装かという問題にかかわらず、花嫁は白を基調とした婚礼衣裳を身に付けます。プラチナは特有の明るい白さのある金属であるため、ウエディングドレスや白無垢との相性も抜群です。次に、プラチナはダイヤモンドと組み合わせた場合に相性が良いという理由から、多くのカップルに人気があります。プラチナ特有の明るい白さとダイヤモンドを組み合わせた結婚指輪は、写真映えするアイテムといえるでしょう。

さらに、数ある金属のなかでもプラチナはアフターメンテナンスが楽であるといわれています。どんなに気を付けていても、指輪に細かい傷が付いてしまうのは仕方のないことです。ほかに、指のサイズが変化した場合、サイズ直しが必要になることもあるでしょう。もともとプラチナは耐久性に優れた素材であるため、汗や洗剤などにも強く、指輪の汚れが気になるときは柔らかい布で拭き取るだけできれいになるというメリットがあります。サイズ直しをする場合でも、プラチナならしなやかな素材であることから比較的簡単にサイズ直しができるというメリットもあります。

プラチナの純度とは

金属アレルギーを心配してプラチナの結婚指輪を購入する場合は特に、純度に関する正しい知識を持っておくことも大切です。一般的に、プラチナは金属アレルギーを起こしにくい素材といわれています。しかし、これは純度100%のものを指しているのであり、プラチナの結婚指輪を購入したからといって、絶対に金属アレルギーを起こさないということを意味しているわけではありません。プラチナは柔軟性がある金属であるため、純度100%のものを結婚指輪として加工してしまうと、傷が付きやすく、変形するなどのリスクがあります。そのため、5~10%程度の割合でパラジウムやイリジウムなどの金属を配合して強度を保っているのです。なかでもパラジウムは金属アレルギーを起こしやすい素材に分類されるため、プラチナの純度を確認する際、「ほかにどのような金属が配合されているのか」という点についても必ず確認しておきましょう。

頑丈でデザイン性が高い結婚指輪を探しているならプラチナを選ぼう

プラチナは耐久性があることに加えて、柔軟性にもすぐれた素材です。そのため、プラチナは「デザインにこだわりたい」「毎日身に付けるものだから、とにかく丈夫な指輪が欲しい」というカップルには特に人気があります。加えて、プラチナは明るい白さが特徴であるため、ウエディングドレスとの相性もぴったりです。結婚指輪の素材にはさまざまなものがあるため、2人でしっかりと相談したうえで納得できる素材を選びましょう。